Image
治療院の紹介

落ち着いた日本家屋

当院は築200年以上の建物が並ぶ、筑前赤間宿の近くにある白壁の日本家屋です。呼吸する土壁、書院造りの床の間、広い縁側から見える熊越池公園の四季折々の景色と、皆様のご来院をお待ちしております。また家の裏手にある七社宮の森にはふくろうが住んでいて、夜になるとホーホーと鳴き声が聞こえてきます。夏は石庭にクワガタが遊びにきていることも・・・。施術室では心身と向き合える空間づくりに務めております。

施術者紹介

院長 福田 健二
鍼灸師 福田 かおり


医は愛なりを本道に夫婦二人三脚で、はりときゅうを分担して施術いたします。(2人共、鍼師 灸師 あん摩マッサージ指圧師の各資格を保有)


当院のこだわり
手作業へのこだわり
 当院は全て手のみによる施術です。機械治療は一切おこないません。
 ひとりひとりの体質、病状、心の在り方に合わせたいので、手でおこなうことにこだわっております。

道具へのこだわり
 江戸時代後期より、はりを作られている前田豊吉商店さんの日本製を使用しています。一本ごとに個包装され滅菌された使い捨てはりです。施術前後ではりの本数を確認した後、廃棄しております。
 おきゅうは、創業110年のもぐさ製造会社の最上級のものを使用しております。はりもきゅうも、数ある中から当院が厳選したもので、もっとも効果の高かったものを施術に用いています。

手から手へのこだわり
 当院は脈診流経絡治療(みゃくしんりゅうけいらくちりょう)を柱とした施術をおこなうはりきゅう専門院です。
 脈診流経絡治療では、脈診を中心とした診察により身体の経絡(五臓六腑)の状態を把握し、「証」という病の根本原因(経絡の乱れ)を探り出します。経絡バランスを整えることにより、五臓六腑の働きを改善し、自然治癒力(免疫力)を高め、身体をもとの元気な状態に戻していきます。
 この「証」に応じた鍼を本治法といい、脈診流経絡治療ではもっとも大切な部分です。この本治法の技術をより高めるため、施術者は月に2回、東洋はり医学会の本部と支部で学んでおります。
 東洋はり医学会では、59年以上の歴史があり日本・海外に合わせて50支部余から、これまで3千名以上の経絡治療専門家を輩出している会です。脈診流経絡治療に興味を持たれた方は、数多くの県に会員がおりますので、東洋はり医学会のホームページを参考にされてください。
 (東洋はり医学会ホームページ)


鍼灸の適応症
WHO(世界保険機構)では、
次に掲げる疾患に鍼灸治療が適応であることを認めています。
上記以外の不調でも、お気軽にご相談ください。


脉診流経絡治療の特徴

施術例

 眼精疲労、目の疲れ、かすみ、重だるさ、痛み、充血などや目を使いすぎたことによる肩こり、頭痛が主訴としてある場合、目の周辺や関連する筋肉の筋緊張があるとまず考えられます。ここから東洋医学で診ていくと、全身の経絡のうち、どの流れが滞っているかを、両手足、お腹、脈を診て判断します。経絡の変化に合わせたはりときゅうを行います。
 主訴は顔なのに、なぜ手足のツボにはりやきゅうをするの?とよく聞かれます。それは、目に影響を及ぼしている経絡の滞りの原因は人それぞれではありますが、離れた部位にある場合があるからです。
 例えば、テーブルクロスを思い浮かべてください。シワなく張ったクロスの端を引っ張るとそこからシワが全体にできます。引っ張った部位よりも遠い部分の方がシワは大きくなります。目立つ大きなシワだけを直すよりも、元の引っ張った端から直す方が全体がキレイになります。
 このように経絡のバランスを整えていくことで、長時間目を使っても疲れにくくなったり、頭痛の頻度が少なくなったりということを実感できます。最初は我慢できた疲労も無理を重ねることで将来的には病気を発症するリスクが高まると考えられます。
 東洋医学は予防医学ともいわれます。まだ症状の自覚のないうちから、心身のバランスの不調和を見極め、施術をおこなうことで、健康増進の一助となります。いつもと調子が違うような・・・と感じたことを気のせいにせず、ご相談ください。

小児はり

 聞きなれない言葉かもしれませんが、 昔は子供も調子を崩した時は、はりきゅうをしていました。 例えば風邪をひいた時、食欲がなかったりする時、 便秘、下痢、疳の虫、キーキーと声を出す、小児喘息、 アトピー性皮膚炎、アレルギー症状、おねしょ(夜尿症)、 成長痛、中耳炎がある時などです。 はりは刺さないはりを用いて、接触鍼をおこないます。

 撫でるような心地の良いはりで、 痛くて怖いといったことはありません。 ごく軽い施術なので、所要時間は10分程度です。 この接触鍼の技術は大人に用いることも多く、 敏感な方や、アトピー性皮膚炎の方など、 刺さないはりの方が効果が高い場合もあります。 手作業だからこそ、その方に合った施術を提供できます。

治療の流れ


1.初めての方へ

少しでも緊張が緩和されますように簡単ではありますが、治療の流れをご説明いたします。


2.お問合せ

お電話(0940-22-8195)でご予約・お問い合わせください。LINEでもお受付しております。


3.ご来院

まずは縁側待ち合い室でリラックスされてください。その後、問診票をご記入いただきます。


4.ご準備

Tシャツ・半ズボンなどの軽装(お貸し出し可能です)で、ストッキング・靴下・ネックレス・腕時計等は外してベッドへ仰向けに寝てください。


5.施術開始

問診後、まず両手足、お腹、脈を触診させていただきます。施術は、肘から指先、膝からつま先のツボ、痛みのある部位、背中、お腹などが主な箇所です。


6.治療終了

治療が終わりましたら、着替えて頂いて終了です。ご症状に応じて、次回治療のご案内とご予約を承ります。


7.施術時間について

施術時間は約40分です。症状、体質、心身の状態に合わせて最小限のはりときゅうで自然治癒力を高めます。



営業カレンダー

交通アクセス

駐車場


駐車場は、堀車庫のため高さ制限がございます。車高が170cmをこえるお車の場合は、近くのパーキングをご案内しますので、ご予約の際お声かけください。

最後まで読み進めていただき
本当にありがとうございます。

お気軽にお問い合わせ下さい

0940-22-8195

LINEでもお受付しております。

お受付時間:毎日9:00〜19:00

Topへ